処世術 

暇な今だからこそ生き方の秘訣が学べる

  • 個々の常識やモラルが複雑化し交差しあって生じた様々で面倒な人間関係、低迷した景気事情など、社会の発展に伴って人間社会はますます厳しくなってきています。
     
    いくら暇だとはいっても、この厳しい人間社会の現実を避けて生きていくことはできません。とはいえ、せっかくの一度っきりの人生、何もせずにただ社会の流れに身を委ねて生きていくより、適当に難局を切り抜けて、おもしろ可笑しく上手に生きていきたいのが本心なのではないでしょうか。
     
  • しかし、おもしろ可笑しく生きようとしても、人間関係や仕事などにおいて多くの難局や邪魔は付きもの。難なく切り抜けることもあるでしょうが、時には思い悩み、落ち込み、投げ出したいこともたくさんあるのではないでしょうか。
     
    そんな時こそ役立つのが、難局を乗り切り邪魔を振り払うための秘策というべき処世術です。
    処世術は、先人たちの難局に立ち向かう際に立てた作戦や、立ち向かった際の成功や失敗の経験やデータを元に生み出され、先人より伝承された上手く生きていくための技術です。暇な今だからこそ、難局を乗り切り上手く生きていくためのこの処世術という技術が学べるチャンスなのです。
     
    「備えあれば憂いなし」といいます。いつ訪れるかもしれない忙しい日々や時に、今のうちから備えておくのも良いでしょう。
     
     

おススメのご提案  暇つぶし方法のご提案

  • 1.とにかく全ての処世術ページを読む
    処世術ページの中から、読んでみたいものをじっくり読むだけでも十分に暇つぶしといえますが、全ての処世術をこと細かくじっくり読み耽れば、とことん暇つぶしができることでしょう。
  • 2.本気で処世術を学んでみる
    処世術を本気で学びたいのであれば、実生活を思い浮かべながらどこで活用できるか、過去にどこで活用できたかを考えながら処世術を読むことでしょう。そうすることで、処世術に対してより一層の理解が深まることでしょう。処世術を学びながら読み耽るにはかなりの頭の労力はもちろんのこと、かなりの時間を要することになり充実した暇つぶしが実践できることでしょう。
     
     
    3.生活の中で処世術を活用してみる
    人は誰もが、おもしろ可笑しく上手に生きていきたいと思うものです。きっと、処世術を少しでも理解できれば実生活で活用してみたいと思うはずです。ちょっと暇つぶしするつもりで、処世術を実生活で活用してみてはいかがでしょうか。
     
     
    4.もっと処世術を極める
    本サイト以外にも、処世術が記載されたサイトや書籍は多数あります。本サイトの処世術ページに記載された処世術だけでは満足できないのであれば、他のサイトや書籍にも手を出し、学び、実践し極めてみてはいかがでしょうか。もはや暇つぶしというよりは趣味の域に到達することと思います。
     
    処世術に関する書籍を探す
     
     
    ※ご提案は、あくまでもご提案であって暇つぶしの手順や方法を強要するものではなく、また、快適な暇つぶしを保証するものではありません。
     

人間関係における処世術  詳細はこちら

  • 人間関係というものはほとんどの人にとって、生きていく上での悩みのひとつであり問題点です。
     
    時代が進むにつれて、物質的な進歩は目に見えて成されいますが、人間関係は大昔から進歩がないといっても過言ではないでしょう。あらゆる人との人間関係が円滑になるように人の遺伝子が変化するわけでもなく、仮に変化したとしても人は生まれた環境や時代、生い立ちによって性格や趣味、考え方、話し方、物事の捉え方など様々にそれぞれが個々に変化して、それが社会で絡み合うわけですから、円滑になるよう進歩しようとする方が無理があるでしょう。
  • 幸い、多くの先人たちが、いろいろな人間関係を生きていくための知恵を今に伝えています。人間関係に進歩がないのであればこそ、時代背景や環境の差こそあれ、先人たちが残した人間関係を生きていくための知恵が大いに役立つのではないでしょうか。
     
    人間関係における処世術を読む
     

色恋に対する処世術  詳細はこちら

  • 色恋の悩みや問題は、対象が互いに異性であるというだけで、所詮は人と人との関係です。つまりは人間関係における悩みや問題点と同じことといえるでしょう。
     
    何だかんだいっても人間も動物です。オトコとオンナの関係は大昔から常につきまとうものです。先人たちも大いに悩み、相手の心を掴む努力を惜しまず行動したにちがいありません。
  • 本項では、人間関係における処世術の中で特に色恋に対する処世術を記載しています。
    先人たちの努力や経験から得た知恵を活かし、色恋の悩みや問題を解決するために行動してみてはいかがでしょうか。
     
    色恋に対する処世術を読む

仕事や職場での処世術  詳細はこちら

  • 人間関係における悩みや問題が特に多いのが、仕事や職場、或いは学校や習い事教室などの組織や集団の中においてでしょう。
     
    性格や常識、考え方、センス、利害が合う人から合わない人、できる人できない人、褒め上手、聞き上手、話し上手、口下手、容姿の違い、性別、恨み深い人、妬み深い人、羨ましがりの人などなど様々な人々が交差しあう場所ですので、当然人間関係も入り混じってストレスの元になっているのではないでしょうか。
  • 本項では、人間関係における処世術の中で特に仕事や職場、或いは学校や習い事教室などの組織や集団の中での処世術を記載しています。
    先人たちの努力や経験から得た知恵を活かし、できるだけストレスが抑えられるような生き方を目指してみてはいかがでしょうか。
     
    仕事や職場での処世術を読む

経営における処世術  詳細はこちら

  • 経営とは、方針を定めて組織を整え目的を達成するように持続的に事を成すことをいいます。特に、会社などの事業を営むことを経営といいます。
    果たして、実際にはどれだけの経営者が本当の経営というものを行うことができているでしょうか。
     
    見た目では方針を定め、整った組織作りができていても、正確性を欠いた方針や中身が伴わない組織になってはいないでしょうか。
    景気低迷で不況の時代背景の中でも、成長している会社も多くあります。時代背景を経営不振の理由とする前に、経営のあり方に問題はないのか、今一度見直ししてはいかがでしょうか。
     
    経営における処世術を読む

他人との交渉に関する処世術  詳細はこちら

  • 他人との交渉では、できるだけ相手に自分の意向を呑ませて丸め込みつつ、できれば余計な質問や問題点、トラブルを起こさないように丸く収めてしまいたいと思われるのではないでしょうか。
     
    そんな思いとは裏腹に、他人との交渉には当然人間関係が絡んでいるので、相手によってはなかなか丸こめないのが現実で、時には、問題やトラブルを未然に回避し、時にはに巻き込まれながら交渉が進んでいくことも少なくないでしょう。
  • 本項では、人間関係における処世術の中でも特に他人との交渉に関する処世術を記載しています。
    先人たちの努力や経験から得た知恵を活かし、できるだけ交渉で相手を丸め込んで丸く収めるための、他人との交渉の技術を磨いてみてはいかがでしょうか。
     
    他人との交渉に関する処世術を読む

マネージメントでの処世術  詳細はこちら

  • マネージメントとは、目標や目的を達成するために必要な要素を分析して、事を成し遂げるための手段を講じることです。
    果たして、実際にはどれだけの会社や職場などの集団におけるリーダーや管理者たちが、本当のマネージメントができているでしょうか。
     
    飲みニケーションが組織作りだと思っている管理者やリーダーはいないでしょうか。威張っているだけの管理者やリーダーはいませんか。奢ったり、威張ったりするのがリーダーや管理者ではありませんし、マネージメントではありません。

心構えの処世術  詳細はこちら

  • 処世術の活用は、人間関係など他人と直接関わる時だけが全てではありません。何もない時であっても、自分の気持ちや物事に対する考え方や心構えを養うのも処世術なのです。
     
    先人たちの、生き方に対する心構えや考え方を、どこか頭の片隅にでも入れておいてもよいかもしれません。
     
    心構えの処世術を読む

処世術の記述について

  • 処世術ページは少しでも、この厳しい社会の中で苦労している方たちに、難局を適当に切り抜けて上手に生きていって欲しいという想いで開設しました。
     
    正直申しますと御諸玄蕃自身が、処世術を読み学ぶことを趣味としています。とはいえ、実生活での実践は数パーセントにも満たないのが実情でしょう。しかし、実践が数パーセントにも満たなくても、知らないよりは知っている方が時には役に立つことがあるものです。そもそも、全く役に立たないものなら、本サイトに処世術ページを開設しなかったでしょう。
     
    処世術ページの内容は、御諸玄蕃自身がこれまで学んできた処世術や実生活をベースにして記述していますので、玄番の個人的意見や読みにくい箇所などが多少あると思いますが、何卒ご容赦願います。
     
    尚、処世術ページは、処世術の誤記修正や追記を行い、今後も適宜更新してページの充実化を図って参ります。